忍者ブログ
ハル☆ナツアキフユ~~浅井晴美のブログです
しごとリンク
主な出演

仕事用プロフィールpdf

new!! ボイスサンプル
新しいボイスサンプル追加しました!!


kikubon「浅井晴美朗読一覧」:
↑作品ページに試聴サンプルいろいろあります!ぜひよろしくです!
メールフォーム
ブログ内検索
おことわり
コメントは承認制です。
ブログにそぐわないコメント等の書き込みは 管理人の判断により削除させていただく場合があります。
ご理解・ご協力をお願い致します。
モバイルへ
プロフィール
名前:
浅井 晴美

愛称:
はる姉

職業:
声優・ナレーター

趣味:
歌・読書・飲み会

出身地:
愛知県

生年月日:
1972年2月15日

星座:
みずがめ座

血液型:
AB型
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 25 26 27 28 29
30
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16
耳で聴く本「kikubon」にて、田中芳樹先生の『月蝕島の魔物』がリリースされました!

kikubon/『月蝕島の魔物』のページへ

『銀河英雄伝説』や『アルスラーン戦記』の朗読をされたkikubonのレジェンド・下山吉光さんが朗読と男性の台詞を、私が女性の台詞を担当しました。

梗概はホームページをご覧いただくとして、やっぱり田中先生の怪奇冒険モノは面白い!!その先どうなっちゃうのー?!と、どんどんのめりこんじゃいます。ニーダムとメープルはもちろん、有名な文豪ふたり、ディケンズとアンデルセンがまたもうすっごく魅力的で。そして19世紀のイギリスのイメージがバアァッと広がっていく感じ。

今回は第1章から第4章までのリリースです。ラストはまだ先ですが、章の副題を見るだけでワクワクしますね!
さあ!気になった方はぜひ!!『月蝕島の魔物』お楽しみください!
PR
今日は忘れないうちに書くぞ!

今晩22時からは未来世紀ジパングです!おもに関東地方などで!
テーマはマレーシア。マレーシアに100店舗以上回転すし店があるとか、もうそれだけでビックリなんですが、その他45社・8000人の従業員を抱える日本人実業家・小西さん。小西さんを頼って今、多くの日本企業がマレーシアに進出しようとしています。マレーシアで成功する秘訣はなにか。イスラム市場への第一歩になるのか。

ボイスオーバーで出演しています!ぜひご覧ください!!

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/next/#section1
先週の第一章につづき、第二章がリリースされました!

第二章 夜の旅

お楽しみください!

「夏の魔術」kikubon(キクボン)のページへ
昨日はバタバタしてた上に、月曜日の自覚ゼロで、すっかりジパングの告知を忘れてしまいました…orz
タンザニアがテーマでしたが、これから発展していく活力に満ちている感じがして、観ていてワクワクしました。魔法みたいにお水が綺麗になる小田さんの浄水設備がもっともっと広がってほしいな~。それとアフリカ版マネーの虎、面白かったです。
そういえば、さくら女子中学校の生徒さんの声を当てる時、上半身だけでスカート見えなかったから、ディレクターさんに「男の子ですか?」って訊いてしまったな~。
来週は告知忘れないように気をつけようと反省しつつ感想を書いてみました。

9月2日発売のDVD「レジェンド・オブ・ゴースト カンタヴィル城と秘密の部屋」の日本語吹替え版に出演しました。

DVDジャケットは何だかカッコイイ感じで、Amazonの映画のジャンルも”ミステリー・サスペンス"になってます。確かにその通りなんですが、プラス、コメディー要素もふんだんにあるんです。250年前の古城と、引っ越してくる21世紀の家族のギャップがもう面白い。そしてゴーストの二人が……怖くない!(笑)かわいい!
CGも超美麗でお城で起こるポルターガイスト(?)も見ごたえあります。老若男女みんなが楽しめるエンタテインメント・ムービーです!

私は、引っ越してくるイマドキ家族、スピリチュアル好きなママを演じてます。
よろしければぜひご覧ください!


【INTRODUCTION】
★世界中から愛されるオスカー・ワイルドの小説「カンタヴィルの幽霊」。何度も映像化された傑作が、まったく新しい解釈で、“謎解きファンタジー"として蘇る!

世界中から今なお愛されるオスカー・ワイルドの小説「カンタヴィル城の幽霊」。その舞台をフランスへと移し、ストーリーも大胆アレンジ。大人から子供まで楽しめる、ファンタジー超大作が誕生した! 「サロメ」「理想の結婚」などを生み出した文豪が18世紀に手がけた「カンタヴィル城の幽霊」は、今までにも数えきれないほど映像化されてきたが、本作ではカンタヴィル城に憑りつくゴーストを男性侯爵から女主人に変え、小説にはない新たなキャラクターを登場させるなど大胆なストーリー変更を加え、まったく新しい物語となって蘇っている。そしてなんといってもこの映画の最大の魅力は、見るものを圧倒する超ハイクオリティなCGとVFX。『LUCY/ルーシー』や『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたハリウッドでも活躍するスタッフが、250年も城に閉じ込められたゴーストたちのマジカルな世界を、ド迫力の映像美で表現している。謎解き、冒険、そしてファンタジー。老若男女、誰でも楽しめる要素が満載の、この秋最高のファミリー・エンターテイメントが誕生した。

【STORY】
18世紀に建てられたカンタヴィル城。かつて女主人エリナー・ド・カンタヴィルが謎の死を遂げたその城は、今も彼女と執事のゴーストがさまよっていると噂されていた。ある日、カンタヴィル家の子孫エルワンは、先祖の死の謎を解き明かそうと城を訪れる。すると城にはちょうど新しい住人一家が到着し、彼らを追い出そうとするゴーストたちの嫌がらせを受けているところだった。しかし、その一家はまったく動じず、逆に城からゴーストを追い出そうと決意。エルワンも彼らに協力し、一家の長女ヴァージニアとともに、ゴーストを成仏させる戦いに挑むことになった! やがて、大広間の暖炉に彫られた文章から、隠されたスイッチを見つけた2人は、暗闇に包まれた秘密の通路へと進んでいくのだが…。荘厳な城に秘められた、250年も封印され続けてきた秘密。彼らはその謎を解き明かし、無事にゴーストたちを成仏させることができるのか・・・?!
Copyright (C) 2009 晴☆夏秋冬, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]