忍者ブログ
ハル☆ナツアキフユ~~浅井晴美のブログです
しごとリンク
主な出演

仕事用プロフィールpdf

new!! ボイスサンプル
新しいボイスサンプル追加しました!!


kikubon「浅井晴美朗読一覧」:
↑作品ページに試聴サンプルいろいろあります!ぜひよろしくです!
メールフォーム
ブログ内検索
おことわり
コメントは承認制です。
ブログにそぐわないコメント等の書き込みは 管理人の判断により削除させていただく場合があります。
ご理解・ご協力をお願い致します。
モバイルへ
プロフィール
名前:
浅井 晴美

愛称:
はる姉

職業:
声優・ナレーター

趣味:
歌・読書・飲み会

出身地:
愛知県

生年月日:
1972年2月15日

星座:
みずがめ座

血液型:
AB型
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31
[99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [90] [89] [88
昨日は月イチのテニス。
軽井沢酒球部の部活でした。
毎月楽しみにしている大事な日です。

が、結構序盤の時点で、関西弁で言うところの「腰いわしてもーた」。
軽めのギックリ腰ですね。orz
テニスの前日に1週間ぶりにジムで筋トレしたら、腹筋系マシンで軽く腰に違和感を覚え、明日ちょっと危ないかもと思って一応マッサージにも行ったんですよ、奥さん。テニス当日の朝もね、ちょーっとギシギシするけど大丈夫っぽいぞ~♪と意気揚々出掛けたんですけどね、準備運動もしっかりやってよしイケるかなって思ったら、あれですよ、コート脇の残雪の奥に行ったボールを拾おうとした瞬間ですね、微妙にグギッと。まぁ微妙なグギだったので大丈夫かなと思ったんですけど、どんどんどんどん痛くなってきてしまってね。走れない、そぉっとしかラケット振れない、こんなのテニスじゃない!!!というわけで、悔しかったですけど途中退場しました(T_T)重い荷物を背負って帰る帰り道が一番痛かったヨ……

そんなわけでゆきてぃさんの教訓なわけですね(↑記事タイトル)
注)ゆきてぃさんのブログを参照
皆さんも冬場の運動にはお気を付けください。
お陰さまでだいぶ良くなりましたのでご心配なく~♪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
西洋では「魔女の一撃」というらしいですよ
まぁ!はるみ奥様!
大丈夫でございますの?お気を付けあそばせ。

うーむ?
冬になると腰をいわしやすいですか?
以前もこの時期で腰を痛めて。。
イナバウワーも やはり危険でしたな。。ヤ、ヤメ

途中退場という事は、健康ランドもいかなかったのですね。
はる姉さんの入浴シーン、見てみたい(?)

冗談はさておき、コルセットとかしたり対策はされて?
あとマッサージにいったようですけどぎっくり腰は炎症ですから揉んだり温めたりは逆効果でございます。

(ご存知でしたら流してくださいー)

炎症なのでビニール袋に氷に水。
それをタオルで包んで患部にあてまする。
肌の感覚がなくなってきたら外しまする。
感覚が戻ってきたらまたあてる。
くりかえしえんどれす。

湿布(しっぷ)は、鎮痛(ちんつう)効果はありますが、冷却効果はありませんー。

薬で冷えてるように感じますが。
痛みが和(やわ)らぐ分、炎症部分を動かして広げてしまう可能性がある事を知っておいてくださいー。

長々と失礼しました。お大事にー。
成瀬葉 2014/02/20(Thu)00:24:47 編集
そこまで冷やすのか…
寒そう«(>_<)»
とにかく動かさないようにしました。アドバイスありがとうございます!
【2014/02/20 08:14】
無題
先にゆきてぃブログを読んでいたので
メンバーの誰かに何かしらのアクシデントが
あったのかな?と思っていましたが
まさか姉さんだったとは(泣)

私も学生の頃に、究極のぎっくり腰ならぬ
椎間板ヘルニア発症で手術した経験ありなので
腰回りの調子には未だに気遣ってます。
治ったかな?と思ったくらいに
またギックリ行っちゃうことも
多々あるので
完治するまではほんの少しだけ
お酒などを控えてご自愛下さいませ。
胃之70番 2014/02/20(Thu)06:26:57 編集
腰はカナメ
ヘルニアで手術!大変でしたね。
私も気を付けて過ごしますーお酒控えて(T^T)
【2014/02/20 08:34】
Copyright (C) 2009 晴☆夏秋冬, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]