忍者ブログ
ハル☆ナツアキフユ~~浅井晴美のブログです
しごとリンク
主な出演

仕事用プロフィールpdf

new!! ボイスサンプル
新しいボイスサンプル追加しました!!


kikubon「浅井晴美朗読一覧」:
↑作品ページに試聴サンプルいろいろあります!ぜひよろしくです!
メールフォーム
ブログ内検索
おことわり
コメントは承認制です。
ブログにそぐわないコメント等の書き込みは 管理人の判断により削除させていただく場合があります。
ご理解・ご協力をお願い致します。
モバイルへ
プロフィール
名前:
浅井 晴美

愛称:
はる姉

職業:
声優・ナレーター

趣味:
歌・読書・飲み会

出身地:
愛知県

生年月日:
1972年2月15日

星座:
みずがめ座

血液型:
AB型
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 7
8 9 10 11 12
15 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
[277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267
8/3にリリースされたDVD『虹蛇と眠る女』の日本語吹替え版に出演させていただきました。
こちらがDVD版のビジュアル。


でも私はこちらの↓劇場公開の時のビジュアルが何だか好きです。


主演のニコール・キッドマンの吹替えを担当させていただきました。
ニコールといえば金髪美女のイメージなんですが、この映画では茶色です。この全身ショットのチラシを見た時、あのニコール・キッドマンだとすぐには分かりませんでした。
映画を観て、まずは茫然となりました。ひとつの家族が抱える闇。特に妻であり母であるキャサリンの心の壊れていく様は、唐突のようであり必然のようであり、共感できそうでできなさそうで…。演じるにあたり、何度か観てたくさん考えてオーストラリアの砂漠、暑さ、砂嵐、虫、全てがキャサリンの心に繋がってきて、分かりました。ニコール・キッドマンが専業主婦キャサリンを演じる覚悟が。
ラストは観る人によってとらえ方が違うと思います。あなたはどう感じるでしょうか。



【INTRODUCTION】
アカデミー賞女優ニコール・キッドマンが衝撃のフルヌード!
オーストラリアの大自然と神話に彩られた、神秘的でエモーショナルなエロティックサスペンス

★アカデミー賞女優ニコール・キッドマンが衝撃のフルヌードで大胆演技!
一糸まとわぬ姿で性本能を爆発させるシーンなど、生々しい演技で女優魂を見せつける。
「オーストラリア映画批評家協会賞」「オーストラリア映画批評家サークル賞」で主演女優賞にノミネート。

★神秘的でエモーショナルな心理サスペンス!
ミステリアスな出来事を通し、家族それぞれが抱えている問題が次々と浮き彫りになっていく。

★オーストラリアの大自然の脅威と荘厳な映像美!
雨や水を操り、湖や泉を創造したとされている「虹蛇」。壮大かつ独創的な映像世界が繰り広げられる。

★ベテラン俳優と注目の新鋭女優が共演
『恋におちたシェイクスピア』ジョセフ・ファインズ、『マトリックス』シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングに加え、
モデルとして人気沸騰の美少女マディソン・ブラウンが出演。

★2015年サンダンス映画祭 正式出品作品

【STORY】
荒涼とした砂漠地帯に佇む小さな街ナスガリ。
この地に越してきたキャサリン(ニコール・キッドマン)とマシュー(ジョセフ・ファインズ)夫婦に予想もしない事件が降りかかる。
ある夜、子供が忽然(こつぜん)と姿を消したのだ。
地元の警官らが大掛かりな捜索を行うが、どこにも手がかりが見当たらず、人々の疑惑の目は次第に夫婦へと向けられる。
追いつめられたキャサリンは、残された娘の日記を読み、眠っていた女性の部分が爆発してしまう。
そんな中、アボリジニの子供がキャサリンに「虹の蛇が2人を飲み込んだ。歌えば帰ってくる」という謎の言葉を告げ・・・。

【販売元】: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
データDVD
データDVDの注文&振り込みを早速済ませてきました。

保存&視聴用にする為に、生まれて始めての同内容のディスク2枚購入です。高音質版の過去のSTP回を早く聞きたいものですね。

話は変わりまして、ニコール・キッドマンの吹き替えを担当されたとは驚きです。
ベテランの姉さんにこんな質問をするのも失礼な話ですが、ニコール・キッドマンの吹き替えといえば田中敦子さんのイメージがありますが、収録時プレッシャー等はありましたか?
何つって祭って胃之七拾番 2016/08/05(Fri)14:01:24 編集
ああすみません
高音質になるのはSTP65回目以降とおまけ番組のみになります。それ以外は低音質です。そこを告知せねばなりませんでした。

予約注文ありがとうございます。
発送まで今しばらくお待ち下さい。

田中敦子さんは尊敬する女優さんですが、田中さんを意識してプレッシャーを感じたかというご質問ならノーです。作品と作品に対するニコールの演技に、私なりに真摯に向き合いました。それだけです。
【2016/08/06 00:40】
伝えるって難しいから尊敬します
ラストウォーリアーとうって変わって、ミステリーっぽくもあり、実際にありそうなお話ですねー。

「フルヌード」が宣伝にもありますが、自分はそのシーンの前の 暗い砂漠で嗚咽(おえつ)しながら娘を探す様子。

このシーンの印象が強いです。

言葉になってる、なってないの間(あいだ)というか、台本にはどういう表記で書かれているのかなと思いました。
すごかったです、ねえさん。

あとここからは、書きたいから書いておきますけど、お答えされなくても大丈夫
ですし、もし、あれでしたら消していただいても構いませんー。

フルヌードシーンは綺麗に見せようとしている感じがエロスよりアートな感じを受けましたが、こちらは姉さんの声がないのでおいといて。

男性の服を必死に脱がす時の息づかい。
そして、またがって 挿入してくぐもったお声。
実際、映像にはないですし役者さんも演技ですけど、「あ、こうなってるな」と想像できる「セリフじゃない演技」が素晴らしかったです。

ノーブラで誘惑されてる時の笑みや、強引にキスをせがむ時の息のもれ方。

息の使い方というか、あえぎ?は、吹き替えの時は、、
台本で支持されてるのか、それとも映像から判断して「ここはこんな感じ(タイミング、文字数?抑揚の強弱)にしよう」と ご自分で決めているのか、とても気になります。吹き替えの時。
練習とかどうするのだろう、イメトレ?とか思ったり。

本当にセクハラっぽいコメントですみませんー。気分を害されてないとよいですが。。
あ、でもセクハラしたくないというわけでもないし、、むしろしたいと思ってるのも事実ですけど。。。
意味不明で本当にすみませんー。
成瀬葉 2016/08/06(Sat)06:45:22 編集
台本を見ますと
《息づかい *適宜》とか《キス・喘ぎ・吐息 *画にあわせ適宜》などと書いてあったりします(あれ?これってバラシていいのかな?…まいっか)。台本上に《息》等の指示がなくても、映像を観て必要だと思った所は、演技をいれていきます。タイミングはもちろん、息などがどういう音に聞こえたら効果的かなど、客観的にかなり細かく準備していきます。準備した上で、スタジオでは演技に集中します。でも最終的に、演出上必要かどうかは監督の判断に委ねます。練習はもちろん声を出してやります。近所迷惑にならないように窓をしめてやってます。これで答えられたでしょうか?
【2016/08/06 13:27】
ありがとうございます!
すごく参考になりました!ありがとうございます!
なるほどー、息づかいにそんなに細かく。準備や練習も。
今までの作品をちょっと見直してみたい気持ちになりました。


あともうひとつだけ。
映像チェックされる際は外国語をきいてらっしゃるのでしょうか?それとも無音なのでしょうか?
「喘ぎ」とかは外人役者さんの真似でもよさそうな気もしますが、それだと、吹き替えでは嘘っぽく?違和感が出そうな気もしますが。。
成瀬葉 2016/08/06(Sat)23:51:44 編集
もちろん
原音を聞いて演じます。元の外国語の音を原音と良く言います。声優さんによって演じ方はそれぞれだと思いますが、私は真似するというよりは同化しようと思っています。内も外も感覚を同じくして、さらに日本語版のキャストの皆さんとのコラボレーションも意識します。
【2016/08/07 11:03】
Copyright (C) 2009 晴☆夏秋冬, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]